BOOKMARK

痛風の治療

痛風になってしまったら、必ず病院を訪れて治療してください。放置すると通風発作の間隔が狭くなってきて、関節が壊されていきます。体のあちこちで発作が起こるようになり、常に体のどこかで関節炎を起こし、その関節炎が慢性化してしまいます。痛風結節ができる頃になると、体中の関節にできる可能性も出てきますし、腕や手にできると、人前に手を出したくなくなってしまうでしょう。

腎臓も危ない!?

腎臓も危ない!?痛風を治療しないでいると、腎臓にも悪影響を与えてしまいます。結石ができると尿路をふさいでしまい、ますます腎臓に負担がかかり、腎不全を起こしかねません。人工透析を受けるようになってしまいます。

そうならないためにも、積極的に治療に取り組む必要があります。腎臓を悪くすると命に関わることもありますので、通風の発作が通り過ぎたからといって安心していては、近い将来、かなり痛い目に合ってしまいます。

ページのトップへ

自己判断しない

どんな病気でも、本やインターネットから様々な情報を集めることができます。自分の症状が痛風にあてはまるからといって、自己判断はいけません。痛風と思って情報を集め、自分なりの治療を行っている人がいますが、必ず医師の指導のもとで治療を行ってください。

食事療法や運動療法だけ行い、痛風発作が起きないからといって痛風そのものが治ったわけではありません。次の発作は忘れた頃にやってきます。自己判断で決め付けていて、他の病気だったという可能性もあります。血液検査をしなければ見分けられないほど似ている病気もありますので、やはり、病院に行って治療するのが一番です。

ページのトップへ

尿酸値が高いと言われたら

尿酸値が高いと言われたら健康診断などで尿酸値が高いといわれたら、すでに立派な痛風予備軍です。よく尿酸値が高いのを自慢げに話している人がいますが、そのうち笑うごとではなくなります。高尿酸血症といわれたら、痛風発作が出る前に尿酸値を下げる治療をしなければいけません。

健康診断で尿酸値が高いと言われたからといってそれで終わりではないのです。高尿酸血症を治療することによって、痛風を回避できるのです。どうして尿酸値が高くなったのか、自分の生活環境や食生活を思い返してみてください。改善しなければいけないところがあれば、すぐにでも改善していかなければいけません。ま

た、すでに痛風を発症してしまっている場合でも、発作がおさまったら高尿酸血症の治療に取り掛かります。痛風の原因はこの高尿酸症だからです。薬と生活習慣を変えることで治療を進めていきますが、薬を飲んでいるからといって今まで通りの生活を続けていては効果がありません。これまでの生活の中で、高尿酸血症の要因となるものがあったからこそ、発病していますので、それらを改善しない限り、いたちごっこにしかならないのです。

ページのトップへ

痛風は怖くない

痛風は発作のときの激しい痛みから、とても怖がられている病気ですが、現在では有効な薬がありますので、それほど恐れることはありません。怖いのは合併症です。やはり一番陥りやすいのが腎臓障害です。きちんとした治療を受けて、尿酸値をコントロールできていれば心配ありませんが、合併症として、虚血性心疾患や、脳血管障害が増加してきています。この合併症は命に関わることもありますので、油断は禁物です。

ページのトップへ