BOOKMARK

尿酸

尿酸値が高い……などという言葉を耳にすることがありますが、尿酸とは一体何なのでしょうか。ここでは、どうなると尿酸値が高くなり、どんな弊害が出てくるのかを学習していきましょう。尿酸のことを知るだけで、通風の予防を心がけることもできます。

尿酸って何?

尿酸って何?私たちの体は、新陳代謝によって古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わっています。古い細胞が壊されるときに『プリン体』という化学物質が生まれます。このプリン体が酵素の働きで分解されると『尿酸』ができるのです。この尿酸は、血液に溶けづらい性質を持っていますので、尿酸塩として血液の中に存在しています。

尿酸の正常値は男女で違い、男性だと4〜7mg/dl、女性だと3.5~5.5mg/dlが正常値となります。7mg/dl以上になると高尿酸血症と診断されます。この数値は安定しているものではなく、食べたものなどによっても変化します。

ページのトップへ

尿酸の排泄経路

尿酸は、新陳代謝の過程で必ず作られるものであり、体内からなくなることはありません。しかし、体内で分解することができないので、尿と共に8割の尿酸が排泄されます。残る2割の尿酸は、汗などと一緒に体外に排出されます。こうして健康体であれば、尿酸が体内に蓄積されることなくスムーズに排出されていきます。

このバランスが崩れると、尿酸が体にたまってしまい高尿酸血症になってしまいます。健康な体内には1200mg前後の尿酸があり、尿酸プールと呼ばれています。1日に700mg作られる尿酸は、排出されるのも700mgでバランスが保たれています。このバランスが崩れると、尿酸プールから尿酸があふれ出してしまい、1500mg以上になると血中尿酸値が正常値をオーバーしてしまいます。

ページのトップへ

尿酸値が高くなる病気

高尿酸血症になると、数年の間で90%の人が通風を発症すると言われています。2〜3年でなる人もいれば、10年も発症しない人もいますが、だからといって高尿酸血症を放っておいていいものではありません。尿酸が結晶化して尿路結石になる危険性もありますし、腎臓に障害も出てくるでしょう。尿酸値が高いから痛風になるのではなく、尿酸値が高いと高尿酸血症になり、そこから風通へと移行していくのです。

ページのトップへ

尿酸値が上がる原因

尿酸値が上がる原因どうしてそれまで正常に働いていた尿酸値が上がってしまうのでしょうか。それには様々な原因があります。遺伝的要素も強く、生活習慣などが一緒であるということも、痛風になりやすい要因となり、遺伝しやすい病気だと言われる一因にもなっているのでしょう。体質が似てしまうのはどうしようもありません。

もう一つの大きな原因としては、食生活が挙げられます。詳しくは別なページで述べているので、ここでは省略します。いずれにせよ、プリン体を多く含まない食事を心がけるということです。次に上げられるのがビールです。プリン体が多く含まれているため、尿酸値が気になるのであれば飲まない方がいいでしょう。もちろんプリン体の少ないお酒もありますが、アルコールが代謝される際に、一時的に尿酸値も上がるので、どっちにしてもあまりお勧めできるものではありません。

そのほかには、ストレスも尿酸値を上げてしまいます。激しい運動は一時的に上がります。だからといって、全く運動をしないのは反対によくありません。適度な軽い運動が望まれますが、その程度の感じ方は人それぞれでしょうから難しいところです。これらに何一つ当てはまらないのに尿酸値が上がると言う人は、何か健康食品でサプリメントを摂取していませんか?核酸の成分が入ったものを摂取し続けると稀に尿酸値が上昇してしまうことがあるので注意が必要です。

ページのトップへ